舞鶴の不動産売買なら
不動産のグリーン土地 にお任せ下さい!

家・土地売買専門店 不動産のグリーン土地

フリーダイヤル0120-087-168

今日のメモ帳

タコ③

タコは空腹になってエサがないと、自分の足を食べてしまうそうです。
この事から転じて、利益の薄い会社が自社の信用を落とさない為に、
自己資金を食いつぶして無理な配当をする一種の粉飾決算を
「タコ配」と言います。

ここからが面白いのですが、
他の動物に食いちぎられた足はまた生えて元通りになりますが、
空腹になって自分で食べた足はもう再生出来ないらしいです。
ん~深いですね。。何か人生の教訓みたいな。。

タコ②

タコの天敵はウツボ(靭)です。

実にイカツイ顔をしています。海のギャングと呼ばれています。
タコとウツボは双方共に穴を棲家とするので、よく鉢合わせするんだそうです。
当然、居心地の良い棲家を巡って仲は悪いようです。
ウツボはタコの急所である頭を狙って、あの鋭い歯で噛みつき、
タコも必死でウツボのエラ蓋を吸盤で押さえ込み、窒息死させようとしますが、
ほとんどの場合はウツボの方が勝つので、タコにとってウツボは天敵なのです。

つづく

タコ①

タコ(真蛸)は、(7月~9月が旬だそうで。。)
日中は岩礁の隙間などに潜み、夜になると活動し、
エビなどの甲殻類や二枚貝などを捕食します。
硬い二枚貝も強い腕で締めあげ、チラミンとセファロトキシンという毒が含まれる唾液を注入し、
獲物を麻痺させて殻をこじ開けるモンスターっぷり。

又、タコは賢い動物としても知られ、スクリューキャップを締められた瓶の中から、
キャップを回して自力で脱出するそうです。(*_*)

体表は色素細胞で覆われ、周囲の環境に合わせて体色を変化させ岩石や海藻に擬態。
イカのように墨を吐くことで外敵の目をくらますことは良く知られていますが、
その他にも、いざとなればトカゲのしっぽと同じく、自ら腕を切り落とし、
それを囮にして逃げることもあるようです。ん~~クセが凄過ぎです。。

つづく

四字熟語

建物に関する四字熟語をメモってみます。

「黝堊丹漆」

「ゆうあく-たんしつ」と読みます。
建物が昔からの伝統に基づいて作られている事の意だそうです。
最初の2文字は見たこと無い漢字ですね。(*_*)
「黝」は青みを帯びた黒色、「堊」は白色、
「丹」は赤色、「漆」は黒色または漆塗りの事とか。

スターバックスコーヒー③

先日のスタバのお話のつづきです。
そしてここからが肝ですが、プリペイドカードの紛失や携帯の機種変による切替え漏れ等で
失われた利用客の残高は、年間で160億円に上る事が分かっています。
日本国内のスタバで使えるプリペイドカードには有効期限が無いらしいですが、
数年前までは有りましたので、期限切れによる損失も莫大なものだったでしょう。。
海外のスタバのプリペイドカードの有効期限はどうなのでしょう?

1700億円を無利子で集めて、その内の約10%の160億円の残高が
「使われないまま消滅」している訳ですから、
利用客にとっては「損失」で、スターバックスにとっては「10%の利益」という訳です。

店側にとっては、プリペイドカードは利用客に「紛失してもらった方が利益」な訳で、
それを期待したサービスと言っても過言ではありませんね (*_*)
ガソリンのプリペイドカードや楽天Edyも失くさないように気をつけて下さい。

スターバックスコーヒー②

先日のスタバのお話のつづきです。
この1700億円という金額は、実は大した金額ではありません。
上には上がいて、オンライン決済サービスのペイパルは、
利用客から2兆1000億円!の巨額を集めています。
しかしペイパルの場合は、十分なお金を支払いや償還に備える為に準備しておく必要があるので、
自由に使う事が出来ないのです。
一方、スタバの利用客が貸したお金(前払いしたお金)を回収する唯一の方法は、
「コーヒーの注文だけ」です。
プリペイドカードの残高を一気に使うようなケースはあまり無い為、
スタバは余剰資金を事業の拡大や利回りの高い資産運用に回す事が可能なのです。

つづく(^o^)

スターバックスコーヒー①

皆さんご存知のスターバックスコーヒー。巨大世界チェーンです。
よく利用する人は、スタバ専用プリペイドカードや公式アプリで支払いを済ましているかもしれません。
このプリペイドカード等で前払いされたお金は、全世界で約1700億円に上ります。
このお金はスターバックスにとっては「負債」です。
なぜなら、この1700億円はいずれスターバックスでの飲食代に利用されるので、
「利用客から一時的に借りたお金」とみなせますが、一般的な融資とは異なり、利息が付きません。
従って、スターバックスは「1700億円を無利子で」調達している事になるわけです。

つづく(^o^)

 

鐺咎

今日知った日本語で、ちょっと感動した言葉が。

鐺咎 ← 読めますか?(^_-)

「こじりとがめ」と読みます。鐺(こじり)とは、刀の鞘(さや)の先っちょの事です。
昔、武士が道を歩いていて、人とすれ違う時に鐺が触れると、
「無礼者!」として相手を咎める(とがめる)事があったのだとか。
刀は武士の魂ですものね。
転じて、小さな事柄をいちいちとがめだてする事を
鐺咎(こじりとがめ)と言うんだそうです。

日本語は奥深いですね(^o^)

家電量販店

舞鶴にある大型家電量販店の「売上高」を見てみます。(2019年3月)
ヤマダ電機:1兆6005億円
エディオン:7186億円
ケーズHD:6891億円 でした。

つづきまして、「経常利益」を見てみます。
ヤマダ電機:368億円
エディオン:188億円
ケーズHD:385億円 でした。

1日のうち、車に何時間乗りますか?

1日のうち、車に何時間乗りますか?
通勤で往復1時間乗る方なら、1÷24=0.042となり、1日の稼働率は4.2%です。
と言う事は、残り95.8%は「車は動いていない」状態です。
にも関わらず、結構お金がかかりますよね。。

ここに目をつけたのが、アメリカの実業家イーロン・マスクです。
彼は、ボタンを押すだけで自分の車が「自動走行タクシー」に変わり、
自分が使ってない時に、勝手に年間300万円程稼いでくれるようになるという構想を発表しました。
イーロン・マスクはクレイジーな構想をいろいろ発表していてホントに驚きます。
でもどうなんでしょう?実現すれば、街中がタクシーだらけになるのでは?(^o^)