舞鶴・福知山・綾部・高浜町の不動産売買なら
不動産のグリーン土地 にお任せ下さい!

家・土地売買専門店 不動産のグリーン土地

0773-60-5556

今日のメモ帳

代替肉ビヨンドミート③

②のつづき

ハンバーガーの牛肉パティ1枚あたり、
約100gの牛肉が使われるとします。
そして、
その牛肉パティの代わりに
「代替肉」を食べた場合の
環境に対する影響は、、、

●温室効果ガス排出量:90%オフ
●使う水:99%オフ
●森林伐採面積:93%オフ

といった具合に、地球環境に超優しい!
結果が待っているのです。
(ビヨンドミート公式web調べ)

お察しの通り、
牛や豚・鶏といった家畜は、
育てて食卓に届けるまでに、
大量の水や飼料が消費されています。
又、たった100gほどの牛肉を作る過程で
排出される温室効果ガスの量は、
車を18㎞ほど運転して出る排気ガスの量に
匹敵します。

こういった、地球に優しいという
ストーリーが欧米人にウケけているのです。

つづく

代替肉ビヨンドミート②

①のつづき

代替肉市場は、今後数年間で年15%!の成長が
予測されています。
欧米では菜食主義者やヴィーガンが多いです。
イスラム圏や宗教上の戒律で肉食をしない層も
少なくありません。
又、今後は中国やインドに進出していく事が
必至ですから、代替肉業界は超有望なのです!
ちなみにビヨンドミートの大株主は、
あのマイクロソフトのビル・ゲイツです。

いや~、でも本物の肉に「代替肉」が
取って代わる事はないだろう。。と
思っているアナタ!
「代替肉」が普及している背景には、
人々の共感を呼ぶ、ストーリーが
あるのです!

つづく

代替肉ビヨンドミート①

ビヨンドミートってご存知でしょうか?
アメリカの企業名で、
ナスダックに上場している大企業です。

なんとこの会社、大豆や芋といった、
「植物」から「肉」を作っている会社なのです。
厳密に言えば、「肉味の植物」でしょうか。
さすがに本物の肉と代替肉を食べ比べたら、
違いを感じる点はあるみたいです。
しかしながら、ハンバーガーのような、
ソースやマヨネーズ、トマトやチーズを挟んで
食べる場合は、
言われなければ肉じゃない事に気付かない
クオリティーだそうです。

アメリカでは代替肉自体は数年前からあって、
以前は珍品、キワモノとして
スーパーの隅に少しあったぐらいですが、
今や普通に肉のコーナーに陳列されています。
味のクオリティーが向上してきたのです。

アメリカ全土のスーパー約6万店舗で購入可能な他、
イギリスやカナダ、台湾香港でも
既に販売されているそうです。

つづく

敷金って戻ってくるの???退去時に損をしないように

(読み終えるまで3分です。)
アパートや一軒家を借りる際に必要なお金の中で、
敷金という名のお金があります。
敷金とは、借主が部屋を汚したり損傷させたりした
時に、それを修繕費用として充てる為、
大家さんが事前に預かるお金の事です。
敷金は担保として預かるお金の為、
家賃滞納もなく、
原状回復した状態で部屋を返せば→全額返金というのが
基本的な考え方です。
(キレイに住んでキレイに返せば全額返金が基本という事。)

大家さんからすれば、キレイな部屋を貸したのだから、
キレイな状態で返してくれよと思うのは当たり前でしょう。
ですから、ちょっとでも多く敷金を返して欲しい!という方は、
キレイにお部屋を使うという事に加えて、
「原状回復」の意味を把握しておきましょう。
「原状回復」とは、ざっくり言えば、
「借りる前の状態に戻す」という意味です。
借主の故意(ワザと)や過失(うっかりミス)など、
通常の生活をしていては起こりえないような損傷は
借主の負担です。(これは当たり前ですね!)

ここで「原状回復」の本質を勘違いしてはなりません。
どういう事かと言いますと、
人間が普通に生活していれば、畳やカーペットは擦り減るし、
壁紙も日に当たれば焼けて劣化します。キッチンも劣化します。
これらの事は「当たり前」です。
これは言い換えれば、厳密な「原状回復」なんて絶対無理という事。
絶対無理な事を借主さんに負わせられないよね、が法律の趣旨です。
こうした経年変化や、一般的に当たり前と考えられる損傷は、
家賃に含まれているものと解釈されている為、
敷金から引かれる筋合いは無いのです。(請求される筋合いも無い。)

(民法 第616条)

(↓下の表はヒマな人だけお読み下さい。)

(↑左半分が大家さん負担、右半分が借主負担)

ちなみに、国による「原状回復のガイドライン」によりますと、
壁紙は「6年経過すれば価値が1円」と規定されています。
つまり、6年以上住んだのに、退去時に壁紙の貼替え費用を請求されたら
断固拒否しましょう。
価値が1円の物に数万円も払えませんからね。

又、退去時の原状回復の話の際、大家さんと借主との間に
不動産屋が介入してきたら、少しばかり気を付けた方が良いと思います。
なぜなら、不動産屋は「大家さんの味方」だからです。
もし不動産屋からの修繕費用の請求書なら、
本来の大家さんからの請求額に、
2~3万円上乗せされているかも知れません。
(差額は不動産屋が丸儲け)
確かに不動産屋には、お部屋を案内してもらったり、
契約書作成の時は世話になったかも知れませんが、
契約の当事者はあくまで大家さんだけなのです。
こういう交渉事は一人でするよりも、
友人や親族に付き添ってもらっては如何でしょうか。

これらの事から、契約書がどういう内容なのか?
という事がとても重要になってきます。
契約の際は、
●退去時に鍵の入替え費用を請求されないかどうか、
●2年以内に中途解約するなら違約金くれと請求されないかどうか、
●退去の際に不当に高い掃除費用を請求されないかどうか、
などなど、、チェックしましょう。
殺菌消毒の費用みたいなのもありますが、
そんな事、絶対してません(笑)してても、
100均の除菌シートで軽く拭くぐらいです。
こういったお金は誰しもが納得いかないお金ではないでしょうか?
契約書を前もってゆっくりチェックする為に、
契約書コピーを貰っても良いかもしれません。

そして、無事契約完了したら、
すぐお部屋の写真を撮って
保存しておくのも良いと思います。
最初からあったキズを退去時に請求されては堪りません。

月代 (さかやき)


↑戦国大名でお馴染み、織田信長です。

昔の成人男性の髪型は、
おでこを大きく剃ってツルツルにしていました。

この髪型は、月代(さかやき)と呼ばれます。
兜を被った時に、頭皮が蒸れるのを防ぐ為
だそうです。
初期は毛髪を抜いていたらしいのですが、
炎症する者が続発し兜を被れなくなった為、
剃るようになりました。
広いおでこが月のようにみえる事から、
月の代わり=「月代」とは
なかなか風流です。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

新しい年を迎えて、
気持ち新たにしておられる方や、
一年の目標を立てられる方も
多いかと思います。

目標は、人に宣言したり、
紙に書いて目の付くところに
貼っておくと、自己意識が変わり、
それが行動に変わり、
目標達成に結び付くといいます。

まずは、これから始まる新年会で、
皆の前で今年の目標を高らかに
宣言してみましょう(^^)
お酒に酔ってたから~という言い訳は
ナシですよ!

大黒屋光太夫という男③

②のつづき

仲間が次々と死に、
半数となった光太夫(こうだゆう)らは、
難破した船の材料や流木で船を作り、
アムチトカ島の脱出を試みました。
いつしか先住民やロシア人を束ねるリーダーとして
船を作る事4年!
そりゃ、金槌やノコギリ、釘やカンナすら
無かったでしょうから、
定員10名ほどの大海原を渡れる船を作るなんて、
大変な作業だったと思います。

そして、やっとの思いでアムチトカ島を脱出し、
向かった先は、
カムチャツカ半島の
ニジニカムチャツカという所でした。

「え、そのまま日本に戻らんの??」

ここは推測ですが、
ロシア人の商人も、母国ロシアに戻りたかったから、
光太夫らを必死に説得したのだと思います。
「俺を置いていかないでくれ!」と。
「オマエら、大切な年貢米を失くしておいて、
日本に帰って歓迎されると思うんか?!」と。

確かにそうだと思ったのか思わないのか、
光太夫は、人の良さも相まって、
ロシア人の商人を船に乗せて、
カムチャツカ半島に渡る事にしました。

古来より、船が難破して中国や朝鮮半島、
カムチャツカ半島等に漂着した日本人がいたのは
事実のようです。
そして、当時のカムチャツカ半島の街には
現に日本語学校があったようです。
ロシア人商人は、母国ロシアに帰国したい一心で、
光太夫を必死に説得したに違いありません。

つづく

大黒屋光太夫という男②

①のつづき

光太夫(こうだゆう)と船員16名は、
太平洋を7ヶ月間漂流し、
アムチトカ島に辿り着きました。


極寒で不毛の地のアムチトカ島には、
わずかな先住民や毛皮収穫の為に滞在している
ロシア人の商人が住んでいただけでした。
当時のロシアは、イギリスと並ぶ世界2大強国の一つで、
毛皮税という非常に過酷な税がありました。

光太夫ら一同は、もちろん日本に帰りたいと
思っていたので、
ロシア商人の迎えの船が来て、
とりあえずロシアに行く事に期待したようですが、
その迎えの船すら難破したようです。
絶望だったでしょう、極寒の地でもあり、
ここで仲間がバタバタと死んでしまいました。

つづく

大黒屋光太夫という男①

大黒屋光太夫(だいこくや-こうだゆう)は、
1751年(江戸時代後期)に伊勢国(三重県)に
生まれました。

光太夫は優秀な男で、
29歳の時に廻船問屋の船頭となりました。
今で言う、貨物タンカーの船長で、
非常に責任のある立場です。
そして、船で伊勢から江戸へ
年貢米を運んでいる途中に大嵐に遭い、
船が難破し、
太平洋を漂流する羽目になりました。
1782年の12月(真冬)の事でした。

光太夫と船員ら17名は、約7ヶ月間も漂流しました。
食糧は、なんとか積荷の年貢米で凌ぎましたが、
漂流中に船員が1名死亡しました。
そして、とある島に辿り着きました。
アリューシャン列島のアムチトカ島という島です。

「あ~アムチトカ島な~知って、、、ってどこやねん?!」
ココです(右図)

つづく

ハンバーガーの食べ方

ハンバーガーって、
大きいサイズの物になると、
非常に食べにくいですよね。

中の具がはみ出してくるからです。

最近のアメリカ人の研究?によると、
ハンバーガーをうまく食べる方法は、
上下反対にしてかぶり付くと
食べやすいんだそうです。
ハンバーガーの構造上の問題だとか。
ほんまかいな?!

誰か試してみて下さい。。

PS:知り合いのアメリカ人は、
潰して(プレス)食べてました。
確かに食べやすくはなりますが、
肉汁が溢れ出さないよう注意が必要です。