舞鶴・福知山・綾部・高浜町の不動産売買なら
不動産のグリーン土地 にお任せ下さい!

家・土地売買専門店 不動産のグリーン土地

0773-60-5556

今日のメモ帳

世界の信号機事情

交差点にある信号機の数は、
日本国内に約20万台、
アメリカは約30万台です。
しかし、アメリカ国土は日本の6倍につき、
「信号密度」は日本が世界一でしょう。
東京や大阪といった都市部では信号が多過ぎる為に、
一般道の車両平均時速は約15〜17km/hで、
マラソンのスピードと変わりません。

オランダのとある街では、
街中の信号機を全て撤去したそうです。
すると年間の交通事故発生件数の割合が、
8件から1件と減少し、
なおかつ交通量が40%上昇したそうです。

南アジアのブータンでは、
1990年代に「景観を損ねる」という理由から
すべての信号機が撤去されて、
現在までその状態が続いています。
信号機があった頃は信号無視をする車両が多かったそうですが、
撤去したことでドライバーのマナーが改善され、
交通事故の件数が減少したのだとか。

実はアメリカの交通マナーも、
日本と比較するとかなり良いと思います。
これは日本人がアメリカ人に抱くイメージとは
懸け離れた部分かと思います。
私、アメリカを車で横断(約5,000キロ)した事ありますが、
驚くほど交通マナーが良かったです。

インドは街中がカオスな為、
マナーはおろか交通ルールすら無い感じです。
信号もほとんど目にしません。
運転技術は世界一じゃないでしょうか。。

国ごとに事情や状況が違いますので
一概に言えませんが、
日本は確かに信号が多過ぎますよね。
自動運転が普及していくと、
信号は過去の遺物になると思います。

 

大正生まれ

大正時代は大正15年(1926年)までです。
大正生まれの男子は、
6.4人に1人が戦争で亡くなっています。
まさに激動の時代です。
大正生まれの方々は、1945年の終戦を、
19歳~44歳で迎えた事になります。
青春真っ只中から働き盛りまでの方々が
焼け野原で過ごす事になりました。

そして、何もない焼け野原から
新幹線が開通する1964年まで僅か19年です。
この年は東京オリンピックもありました。
戦後の高度経済成長を支えた世代は、
紛れもなく大正時代の方々であり、
とても誇りに思います。
そしてその方々の教育を担った明治時代以前のご先祖様にも
感謝しかありません。

一昨年、大正生まれの祖母が亡くなり、
身内に大正生まれがとうとうゼロになりました。
お正月のお年玉を笑顔でくれた祖父母も、
自身の幼少期には貰ってないはずなのに、と思うのです。

凋落していく日本、
しっかりせえ!と言われそうです。。

「つまずく」を漢字で書く

「つまずいて」転倒する。
この「つまずく」を漢字で書くと、



以上の5つが挙げられます。
全て送り仮名は「く」です。
他にもまだあるかも知れません。。

大家さん、売主さん必見!

入居募集や売主募集で、
なかなか成果が上がらない大家さん。
グリーン土地では、
他の不動産屋が管理してる物件でも
喜んで承りますので、
お気軽にお問合せ下さい。
募集の門戸は広い方が良いのです。
都会では1物件につき、
複数の不動産屋に募集をお願いするのは
普通の事です。
詳しくは弊社までお気軽にお問合せ下さい。

留置権とは②

①のつづき

花子さんは車を修理してあげたのに、
修理代を払わない太郎さん。
花子さんは、
「修理代を払わないのなら、車は渡さん!」と
主張します。
この主張を「留置権」と言いました。

さて、車はまだ保管に手間がかかりませんから、
花子さんの負担は軽いと言えますが、
これが「牛」ならどうでしょうか?
太郎さんの牛が病気になったので、
獣医の花子さんに治療してもらう為、
牛を預けたような場合です。
牛はエサや水をやらなければいけないし、
なにより世話に手間がかかります。
牛を留置するのに花子さんに負担があるのです。
にもかかわらず、太郎さんは治療代を払わないので、
留置権を主張し牛を引き渡しません。

この場合花子さんは、牛を売っ払ってお金にし、
そこから治療代を受取ることが出来るのです。

言われてみれば当たり前ですね(^^)
法律って身近な例を挙げれば、
簡単に理解する事が出来るケースが
多い気がします。

 

留置権とは①

留置権とは何か?
あまり聞き慣れない言葉ですが、
分かりやすく調べてみました。

太郎さんは、花子さんに車の修理を依頼しました。
修理代は修理が終わったら
車を太郎さんに返す際に支払う約束です。
修理が終わった事を知らせたら、
突然太郎さんは、
「その車は俺の物だからすぐに返せ」と
請求してきました。
これは「所有権に基づく返還請求」です。

この時、花子さんは太郎さんに対し、
「車の修理代を支払わない限り、車は返さない」と
主張する権利を持っています。
これが「留置権」です。

言われてみれば当たり前ですね(^_-)

では、上記の例は車でしたので、
あまり保管に手間もお金もかかりませんでしたが、
これが「牛」だったらどうでしょうか?

つづく

不動産の価格について③

②のつづき

次に、不動産を「買う側」の人の視点に立ってみましょう。
買う側の人は、1円でも安く買いたい!
と思うのは当然でしょう。
しかし、不動産はりんごや牛乳と違って、
あまり代わりがききません。
この事は裏を返せば「足元を見られ易い」と言えます。
「この土地が欲しいんだろ?他に無いよ?」と
言われているのです。
又、ローン購入の場合、月々の返済額で均せば、
「ま、いっか~」と錯覚してしまいます。
焦って非合理的な行動を起こさない為にも、
高値掴みをしない為にも、相場を知りましょう。

「地価公示」や「公示価格」という言葉を耳にされた事はあるでしょうか。
これは、国が算出している「土地の価格」です。(1㎡あたり)
国土交通省のホームページから閲覧出来ます。
この価格に1.1を掛け算した価格が「実勢価格」と言い、
実際の取引が成立するであろう、ある程度の価格です。

土地のある程度の相場が分かれば、
少し安心ではないでしょうか。
角地かどうか、陽当たりがどうか、と言った
性質で価格も変わってきます。
お子さんがいれば、通学路は安心かどうかも
気を揉む所です。

数百万円高く買ってしまえば、
ひょっとしたら1年くらいタダ働きになってしまいます。
「売りは迅速、買いは悠然」です。

不動産の価格について②

①のつづき

まず、不動産を「売る側」の人の視点に立ってみましょう。
不動産を所有していれば、
その不動産の所在する市町村から
固定資産税を払え~と細長い通知書が必ず来ます。
これは「固定資産税 課税明細書」といいます。
土地・家屋ごとにいろいろと数字が記載されていますが、
そこに「評価額」という欄が必ずあります。
この「評価額」を0.7で割り算し、
その額に1.1を掛け算します。
そうして算出した額が「実勢価格」と呼ばれる
実際の取引が成立するであろう、ある程度の価格です。

しかしながら、この「評価額」も「実勢価格」も
市町村が算出した「机上の理論」に過ぎない部分は
少なからずあると思います。
地方都市である舞鶴においては、
「実勢価格」よりもやや低い価格が
実際に売れる価格ではないでしょうか。
結局は、売り手と買い手のマッチングですから、
双方が歩み寄って決める、という感じです。

つづく

不動産の価格について①

家や土地の事を不動産と呼ぶのは
誰でもご存知かと思います。
不動産は街中のあちこちにあり、
自分の所有か否かに関わらず、
地球上の全ての人々が毎日必ず接して利用しています。

しかしながら、不動産の価格や相場というものは、
今一つよく分かりません。
なぜその価格?相場より安いの?高いの?
これらの疑問に自分の中である程度理解をしておかないと、
「恐ろしい金額の損」をするリスクがあるのです。
りんごや牛乳を買うのとは訳が違います。

次回からは、不動産の価格について、
不動産を売る側の人と、不動産を買う側の人の、
それぞれの視点に立って見ていきましょう!

つづく

 

代替肉ビヨンドミート④

③のつづき

代替肉業界、
今では、植物から「卵」や
「鶏肉」「ツナ」「ソーセージ」
といった食品まで開発されています。
アメリカでは代替肉ベンチャーが
多数、鎬を削っているのです。

ちなみに、ビヨンドミートの創業者で
現CEOのイーサン・ブラウンは、
ビヨンドミートを創業する以前は、
太陽光や風力発電からのバッテリーを
研究開発していました。
しかし、バッテリー効率を1%向上させる事に
必死になっているのに、
仕事終わりは皆でステーキを食べている。。
違和感を感じるようになったそうです。
なぜなら、前述した通り、
牛肉が食卓に届くまでには、
莫大なエネルギー消費をしているからです。

もし近い将来、代替肉が本物の肉に
取って代わったら、
馬が車に仕事を奪われたように、
牛や豚ものんびり暮らせるのでしょうか。