舞鶴市 家・土地 その後のご活用は グリーン土地
お任せください

ご相談・物件査定 全て無料!
お気軽にお問い合わせください!

0073605556木曜定休

ご相談・物件査定・来社ご予約は
メールでも承ります。

今日のメモ帳

徳川家康について⑥

⑤のつづき

今回が最後の家康公の遺訓、
その六、

「及ばざるは過ぎたるより勝れり。」

足りないぐらいがちょうと良い、
と言う事ですね。
家康公の遺訓の中で、
私はこれが一番好きです。
健康や投資哲学、心のゆとり、
環境問題にも通じていますね。
但し、これを勘違いすると、
怠ける事にも通じてしまいそうですが。

徳川家康について⑤

④のつづき

家康公の遺訓、
その五、

「己を責めて人を責むるな。」

自分を責めて溜め込んだストレスは、
パーッと遊んで発散させてましょう!
と言う事ですね♪
誰も怒られないし経済は回るしで、
良い事だらけです♪

つづく

徳川家康について④

③のつづき

家康公の遺訓、
その四、

「勝つ事ばかり知りて、

負くる事知らざれば害その身に至る。」

家康公も武田信玄には痛い目に
遭いました。

つづく

徳川家康について③

②のつづき

家康公の遺訓、
その三、

「堪忍は無事長久の基、
怒りは敵と思え。」

家康公らしさが出た遺訓です♪
現代では、アンガーマネジメントと
でも言うでしょうか。
うちの嫁さんは超~短気なので、
家康公に学んで欲しいです♪

つづく

徳川家康について②

①のつづき

家康公の遺訓、
その二、

「不自由を常と思えば不足なし。
心に望み起こらば困窮したる時を思い出すべし。」

深いですね~♪
これが常に実践出来ている人ばかりなら、
争い事は起きませんね♪
現代では豊かになり、困窮した時を
思い出す事が無いかもしれません。。
実に恵まれた時代です。

つづく

徳川家康について①

信長・秀吉・家康の中で、
最も人間的に深そうなのは、
家康公だと思います。
ただの個人的な主観です♪

生い立ちやその生涯を語るのは、
ここでは割愛しますが、
家康が生まれたとされる、
愛知県岡崎城へ行きました。

岡崎城へ行った事ある方ならご存知でしょうが、
家康公の遺訓がございます。

その一、

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。
急ぐべからず。」

深いですね~。私はせっかちなので、
なかなかこのような心境にはなれません。
重荷も背負って無いのかも。。。

つづく

熱湯の捨て方

台所のシンクに直接熱湯を流すと、
その熱で排水管が傷んで、
水漏れの原因になるそうです。
特に寒い季節は、その寒暖差が大きい為、
こういった案件が多いとの事。
水漏れ、これは大惨事です。

よく、カップ焼きソバのお湯を
シンクに捨てると、
「ベッコン」という音がして、
面白いね~とか言ってる人がいます(私)
あれはどんでもない行為なのです。

お湯を捨てる時は、
水で薄めながら捨てましょう。
水道設備屋さんに教えて頂きました。

アメリカの不動産

アメリカの不動産業界では、
維持や管理・修繕に、
やたらお金がかかる物件を
「アリゲーター(ワニ)」と
呼ぶそうです。
ワニは食欲旺盛で大量にエサを食べ、
飼育にコストが掛かるところから
このように呼ばれます。

基本的に建物は、
築年数が経っていればいるほど、
貴重で価値のある物とされ、
高値で取引されます。
この点、日本とは真逆です。

減価償却費は節税になります。
但し、もしその不動産を売却したのなら、
節税分は返納しなければなりません。
ここも日本とは異なる部分です。

築年数が経っていればいるほど
価値が高くなるのにも関わらず、
減価償却という考えが
キッチリと存在する。
うーん、よく分かりません。

もし自分の土地から遺跡が見つかったら

民法の規定によると、
地中から発見された物は、
真の持ち主が6カ月以内に現れなければ
発見者の所有物になります。
前述の通り、
その土地から「不発弾」が見つかった場合は、
その土地の所有者の所有物になりました。
しかし「遺跡」や「土器」の場合は、
土地所有者の所有物にはならないようです。
これは別の法律で定められています。
にもかかわらず、発掘費用は
負担しなければならないようです。

費用は掛かるし、工事はストップするし、
踏んだり蹴ったりですが、
良い事もあるようです。
それは、「舞鶴遺跡○○地点」というように、
遺跡に自分の名前が残るのだとか。
う~ん、、
ちょっとこれでは困りますよね。

もし自分の土地から不発弾が見つかったら

民法の規定によると、
地中から発見された「物」は、
真の持ち主が6カ月以内に現れなければ
発見者の所有物になります。
当然、不発弾の持ち主なんて
現れませんから(米軍?)、
発見してしまった土地所有者の
所有物になるそうです。

いや、いらんし。

仮に「欲しいので庭に置いといて下さい」
って言ってもアカン言うやろ、みたいな。
実際、撤去費用(数百万円)を
市から請求されて
裁判になった事もあるのだとか。(*_*)