舞鶴市 家・土地 その後のご活用は グリーン土地
お任せください

ご相談・物件査定 全て無料!
お気軽にお問い合わせください!

0073605556木曜定休

ご相談・物件査定・来社ご予約は
メールでも承ります。

今日のメモ帳

ズーム

「ズーム」はアメリカの企業です。
クラウドのウェブ会議サービスを提供しています。
クラウド上の会議室で、
一度に100人参加出来ます。課金でMAX1000人!
新型コロナウイルスで自宅待機している人々が、
これを機会にズームを利用するきっかけになると思います。
企業はもちろん、大学や学習塾、
セミナーや講演会等のイベントも、
ズームのウェブ会議サービスが
主流になるかもしれません。

なぜなら、もはや高い賃料で事務所を借りたり、
遠い所に通勤通学するメリットが、
感じられなくなっているからです。

本来、人々が持つ価値観が大きく変わるには
相当な時間が掛かります。
しかし、アメリカではコロナウイルスで、
国家非常事態宣言が出たのです。

計量の世界

日常で身近に接する計量機と言えば、
ガソリンの給油機ではないでしょうか?
給油中、ブーンと動くリッターのメーター表示。
正直なところ、これホンマかなぁ?と
思うのです。(ガススタの方にはゴメンなさい)
と言うのも、
1リッター多めに誤って表示されていたとしても、
消費者の我々には分かりようが無いわけです。

そこで調べてみたのですが、
「計量法」という法律により、
商取引に使われる計量器には、
数年に一度の点検が義務付けられているのです。
さすが規制大国ニッポン!
取引の安全性がキッチリ担保されていました。

コロナショック

新型コロナウイルスの流行で、
世界の株式が軒並み暴落しています。
NISAやidecoを始められた方は
不安に思われているでしょう。。
しかし決して止めてはいけません!

なぜ?と思う方は、、
なぜ止めてはいけないか
自分で考えましょう!

御伽衆(おとぎしゅう)

御伽衆(おとぎしゅう)とは、
室町時代末期から江戸時代にかけて、
将軍や大名に仕えた「喋り」のプロです。
将軍や大名を楽しませる為、
政治経済や歴史に文化、その他いろいろな逸話を
おもしろおかしく喋って楽しませながら、
勉強にもなる有意義な時間を提供しました。

戦国時代には、織田、北条、毛利、武田といった
戦国大名に大流行したようです。
豊臣秀吉は御伽衆が大好きで、
何十人と召し抱えていたとか。
きっと、喋りが巧みで無ければ、
「ふぁ~オマエの話はつまらん、もう下がっておれ」
となるわけです。

御伽衆で有名なのは、
豊臣秀吉に仕えた「富田知信」です。
元々は剛の者として鳴らした武将ですが、
その弁舌の巧みさから、
豊臣家の外交官としても名を馳せました。
戦国時代の外交交渉はまさに命懸けでしょう。
どんな喋りをしたのか、聴いてみたいものです。

世界の信号機事情

交差点にある信号機の数は、
日本国内に約20万台、
アメリカは約30万台です。
しかし、アメリカ国土は日本の6倍につき、
「信号密度」は日本が世界一でしょう。
東京や大阪といった都市部では信号が多過ぎる為に、
一般道の車両平均時速は約15〜17km/hで、
マラソンのスピードと変わりません。

オランダのとある街では、
街中の信号機を全て撤去したそうです。
すると年間の交通事故発生件数の割合が、
8件から1件と減少し、
なおかつ交通量が40%上昇したそうです。

南アジアのブータンでは、
1990年代に「景観を損ねる」という理由から
すべての信号機が撤去されて、
現在までその状態が続いています。
信号機があった頃は信号無視をする車両が多かったそうですが、
撤去したことでドライバーのマナーが改善され、
交通事故の件数が減少したのだとか。

実はアメリカの交通マナーも、
日本と比較するとかなり良いと思います。
これは日本人がアメリカ人に抱くイメージとは
懸け離れた部分かと思います。
私、アメリカを車で横断(約5,000キロ)した事ありますが、
驚くほど交通マナーが良かったです。

インドは街中がカオスな為、
マナーはおろか交通ルールすら無い感じです。
信号もほとんど目にしません。
運転技術は世界一じゃないでしょうか。。

国ごとに事情や状況が違いますので
一概に言えませんが、
日本は確かに信号が多過ぎますよね。
自動運転が普及していくと、
信号は過去の遺物になると思います。