舞鶴・福知山・綾部・高浜町の不動産売買なら
不動産のグリーン土地 にお任せ下さい!

家・土地売買専門店 不動産のグリーン土地

フリーダイヤル0120-087-168

今日のメモ帳

家の立地について③

②のつづき

海沿いの家は、高潮の危険があります。
潮位が上がると、土間の排水口から水が溢れる事が
あるようです。こればかりはどうしようもありません。
又、潮風で建物が傷みます。錆びます。
眺望を取るか、それらリスクを取るかでしょう。

いろいろな立地条件がありますが、
ちょっと細かく考えてみれば、これらの事は想像がつきます。
ダメだと思えば選ばなければいいだけです。
しかし、、
絶対に選ぶ事が出来ない条件がございます!
それは「ご近所さん」です。

近所に「ゴミ屋敷」があれば、
近くを通る度に不快な気分になります。
ゴキブリが増えたりし、
「なんだか、最近ゴキブリ多いね?!」となります。
生理的に合わない人やマナーの悪い人が住んでいれば、
顔を合わす度にストレスだったり。。

「ご近所さん」、これはもう「運」なのです。
人生最大の買い物である不動産ですが、
その良し悪しは、実は「ご近所さん」が握っていると言っても
過言ではありません!(*_*)

 

家の立地について②

①のつづき

日当たりが良い家でも、山が近ければ、
これはこれで湿気や冷気がございます。
虫も半端なく出現します。
特によく見るのはカメムシ(屁こき虫)です。
カメムシは1ミリの隙間があれば侵入し、
押入れの布団で越冬します。(ガムテープで取りましょう)
又、大雨が降れば、山からの土砂水が敷地内に
流れ込む事もあるでしょう。

山や虫を愛している人以外は、
山に近い土地は避けられた方が無難かと思います。

つづく

家の立地について①

第一に、家の「日当たり」は重要だと思います。
特に舞鶴は雨が多く湿気が多い土地柄なので、
「日当たり」が悪いと洗濯物が乾かず、
押入れやクロゼットの奥にはカビが生えます。
食器にもカビが生えます。衣服や布団にも…
外壁にも生えます。
又、冬は冷えます。建物自体が冷えるからです。

という事は、自分の家の南側の土地は重要だという事になります。
南側の土地に建物あれば、必ず日陰になるからです。
今は空き地でも、将来家やアパート・マンションが建つかも
知れません。
南側が道路に面していたり、公園だったりすれば、
半永久的に「日当たり」を確保した土地と言えるでしょう。

つづく

言葉遊び?


上の熟語、「おうしょう」と読みます。
全く馴染みの無い言葉です。
左の「鞅(おう)」の意味は、牛馬の首につけた革ヒモの意です。
現代で言えば、犬の散歩の時の首ヒモの意味でも良いかと
思います。
右の「掌(しょう)」は、手のひらを意味します。
こちらは馴染みのある漢字です。

それがどうした?結局「鞅掌」の意味は何なの?

意味は「忙しい」なのですが、
なかなか味わい深い漢字だと思いませんか?

手のひらの中の革ヒモは、しっかり握っていないと、
馬や犬が逃げてどっかに行ってしまいます。
「手が離せないくらい、忙しい」のです。(^o^)

中村春吉という男④

③のつづき

春吉(はるきち)のきな臭いエピソード、
それは、春吉がインドを周遊中に、黒ヒョウに遭遇しましたが、
殴り殺してその肉を食糧にしたとか、
ハイエナ親子に遭遇し、親ハイエナを殺して、
子供のハイエナを生け捕りにし、大使館を通じて
日本に送ったとか。
そのハイエナは東京上野動物園にて
飼われてた記録が現に残っているそうです。
ん~本当かな~??というエピソードですが。。

世界一周を達成し、帰国後は、講演会で荒稼ぎ!
当時の日本人には外国の様子はほとんど分かりませんから、
春吉の経験談は珍しく興味深い事だったでしょう。

その後は、日露戦争前後の社会情勢にも関わらず、
満州・朝鮮半島と日本を度々行き来した為、
軍事スパイ疑惑も持ち上がったそうです。
本人は満更でも無いと否定も肯定もしなかったようで、
実にセルフプロデュースが巧いです。

晩年は霊能力者になり、故郷の御手洗町で過ごしたとか。
ん~実にクセの強い御方です。(*_*)

御手洗町には春吉の展示のある博物館もあります。
しまなみの美しい町です。寄ってみて下さい。

御手洗町 伝統的建造物群保存地区

中村春吉という男③

②のつづき

英語が堪能な春吉(はるきち)は、
ハワイから数年で帰国後に日本で英語塾を経営し、
かなりの生徒数を抱えていたようです。
そこで稼いだお金で自転車を購入し、
無銭世界一周旅行へ旅立ちます。この時春吉31歳。

当時、一文無しで各地を放浪している人は、
そう珍しくなかったそうですが、世界一周となると話は別。
どうしても言葉の壁が立ち塞がります。
今でこそ海外旅行が珍しくない時代となりましたが、
明治初期の日本は、最近まで鎖国をしていた国です。
海を渡り異国に行くという発想はなかなか無かったでしょう。
しかしながら、春吉が育ったのは瀬戸内海の小島ですから、
船で海を渡ったりする事に殆ど抵抗が無かったのかもしれません。
古来より朝鮮通信使が行き来していた航路でもありますから、
大陸からの人々に接する機会も多かったのではないでしょうか。

ここまでは、「へぇ~凄い男がおったんやな~」という話ですが、
春吉が大陸に渡ってからのエピソードが
少しきな臭いのです。

つづく

中村春吉という男②

①のつづき

中村春吉は、一銭も持たずに自転車で世界一周した男として
有名です。
春吉が生きた明治初期は、
自転車(アメリカ製)はとても高価な代物で、
新品なら今のお金で300万円近くしたとか。

そんな大金をどうやって稼いだのか?!
実家が資産家だったのか?!そうではありません。
実は春吉は20代前半にハワイに移住した事があり、
英語がペラペラだったのです。
ここら辺のキャリアが既に凄いです。明治初期ですからね。。
そして日本に帰国後、開いた英語塾が大盛況!
そこで稼いだお金で自転車を買ったのです。

つづく

中村春吉という男①

中村春吉(はるきち)は、明治4年に御手洗町という
瀬戸内海に浮かぶ美しい島に生まれました。
この方、なんと、一銭もお金を持たず世界一周旅行をした男として
有名です。移動手段は自転車です。
海を渡るのは当然船ですが、
船内で働いた対価として乗せてもらったそうです。
幼い頃から放浪癖があったようですが、
この「一銭も金を持たず」というのはなぜか?
春吉曰く、「恐らく世界で誰も成し遂げた事ないだろうから、
ワシが世界初じゃ!」という事だそうです。
恐らく、自転車では世界初かも知れませんが、
徒歩で世界一周なら過去にいるのでは?と思ってしまいます。。

つづく

西暦3000年の日本の人口

11月になり、2019年も残すところ2ヶ月となりました。
来年2020年は日本でオリンピックが開催されます。

少子高齢化が進み、日本の人口は右肩下がりです。
2025年には、65歳以上の人口は全体の半数を占めると言われます。
2055年には、それが65%にまで膨れ上がります。
そして人口は既に1億人を切っています。
そしてそして、この出生率のペースで西暦3000年まで行けば、
なんと、日本の人口は1000人!と予測されています。

またまた~ご冗談を、と思われるでしょう。(^^;)
一体誰が予測してんのよ?
厚生労働省の一機関である「国立人口問題研究所」の予測です。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/20123205.pdf
(上のリンクの400ページ)

いや~、980年も先の話ですからねえ。
それまでにナントカ。。