舞鶴の不動産売買なら
不動産のグリーン土地 にお任せ下さい!

家・土地売買専門店 不動産のグリーン土地

フリーダイヤル0120-087-168

今日のメモ帳

鐺咎

今日知った日本語で、ちょっと感動した言葉が。

鐺咎 ← 読めますか?(^_-)

「こじり-とがめ」と読みます。
鐺(こじり)とは、刀の鞘(さや)の先っちょの事です。
昔、武士が道を歩いていて、人とすれ違う時に鐺が触れると、
「無礼者!」として相手を咎める(とがめる)事があったのだとか。
刀は武士の魂ですものね。

転じて、小さな事柄をいちいち咎めだてる事を
鐺咎(こじりとがめ)と言うんだそうです。

日本語は奥深いですね(^o^)